らっくASIA

アジアがらっく(タイ語で愛する)な、らっくが感じたアジア。

Category [旅行 ] 記事一覧

スポンサーサイト

再会!イルカ-2日目

2日目は、使い捨てカメラを購入。北東の風が入って、海面はかなり荒れている。風速は、ウインドサーフィンでたとえるなら、私で、3.7Overの風。たぶん、男の人で、3.7Justかな。ウインドだったら、わくわくですが、、、イルカウォッチングとなると、船上は寒いし、波が邪魔。イルカも、素通りばかり。追っかけるだけ。見にくいけど、7頭の群れ。イルカは、1つか2つの群れを、6漕のイルカウォッチング船で、追っかけることになる。...

再会!イルカ-1日目

今回ショックなことが、、、デジカメをハウジングして水中カメラとして使っていたのだけど、、、ハウジングのパッキンが緩んでいたのか、水が入って、お亡くなりに。。。旦那かじまやぁから借りたデジカメだったのにぃ、、、ほんとにすみません。。。 おかげで、イルカと泳ぐことに集中できました。7月の御蔵のイルカは、こちら島の西側(北東の風なので、安定している)をイルカを探す、、、だけど、素通りしていくイルカばかり...

御蔵、再び!

また来てしまった。竹芝桟橋(東京)。ど~しても、イルカに再会したくて、ど~しても元気もらいたくて、、、来てしまいました。しかも、前回、船長にフィンがあってない!と指摘されたこともあり、道具まで買い替えました。4回目の計画で、2回目の御蔵島です。今日は久しぶりに予定通りの出航になりそうです。(御蔵島の桟橋は波が高いと接岸できなく、引き返すかもしれないという条件付き出航の場合が多い。連休中は丸2日欠航。...

ミャンマーと呼ぶべきか、ビルマと呼ぶべきか、、、

10年前は、ミャンマーと呼ぶべきか、ビルマと呼ぶべきか、、、いろいろ考えて、意思表示のため、ビルマと呼んでいたりした。ビルマとは、昔からの国名。ミャンマーとは、現軍事政権の付けた国名。軍事政権を認めないという意思をこめて、敢えて、ビルマと呼ばれたりしたけれど、ここまで、軍事政権が長く続くと、ミャンマーが定着してしまった。あんな反政府デモを起こすなんて、、、激しい国民性なんだ!!!と思っていらっしゃる...

御蔵島ってどんなとこ?

御蔵島(みくらじま)は、伊豆諸島の一つです。東京から200キロ離れていて、三宅島と八丈島の間にあります。交通手段は、東京浜松町竹芝桟橋より船で7.5時間。八丈島まで羽田から飛行機で行って、八丈島から、ヘリコプターと言う手もあります。ヘリポートの向こうは三宅島行きの船は、竹芝桟橋、夜10時半発、御蔵着、翌朝6時。帰りは、1時半御蔵発、東京9時着(夏場)。この朝6時から昼1時半の間に、船は、八丈島に行ってます。こ...

イルカ!@御蔵島

御蔵島のイルカの話を聞いてから、約10年。やっと会うことが出来ました。 *わかりにくい画像は画像をクリックして下さい。イルカは、島のこんなそばにいます。(画像右に背びれが見えるのわかりますかぁ?)船長さんが、イルカの群れを見つけると、一番良いタイミングと向きで入れるように、船の位置の微調節が行われます。、、、と、同時に、はい!用意して!!  の声が。そして、絶妙のタイミングを見て、ハイ!両側から入っ...

行ってきます。

旦那をおいて、御蔵島に行ってきます。じ、、、実は、私は行きしなに弱いのです。その1高校生の時、陸上部の合宿に行くのに、宿舎前のバス停で降りて、10歩ほど歩いたところで、わざわざ道の凹みに足を突っ込み、捻挫。おかげで、腹筋と、背筋が強くなりました(それしか出来なかった。)その22泊3日のスキー@志賀高原で、滑り始めて15分でアイスバーンに足をすくわれ、右手の筋を切った。だけど、そこでお医者に行くと、...

御蔵島とらっくの関係

日曜の下地勇チャリティーコンサートのおかげで、今週は分刻みの仕事もこなし、苦手なプレゼンも、あんまりプレッシャーを感じることなく、こなし、川満睦さんのピアノの音色を思い出したりしながら(また聴きたいなぁ)、ユルユルと仕事をしていたのですが、氷水を掛けられた(目の覚める)ような情報が。それは、台風接近。普通の週末なら気にならないんだけど、15日から東京から200キロ離れた御蔵島に東京在住のキヨちゃんと天然イ...

日本食が恋しくなる国、ならない国

今までに15カ国ほど旅してきて、旅行中、日本食が恋しくなる国とならない国がある。日本料理屋に・・・通うように行った国ネパール行った国タイ、UAE、チェコ行かなかった国イタリア、韓国、マレーシア、中国、インドネシア、カンボジア、ベトナム行けなかった国ラオス、オマーン、ミャンマー結論!行かなかった=ご飯がおいしかった。 イタリアと韓国は激ウマで、普通、海外貧乏旅行でやせて帰ってくるのに、太って帰ってきた。...

ドクさん結婚おめでとう

ベトナムで、25年前、枯葉剤の影響と見られる結合双生児として生まれた、ベトさんドクさん。7歳のとき、分離手術が行われ、1つしかなかった胎盤以下を、弟のドクさんがもらうことになる。お兄さんは、脳に障害が残り、今でも、寝たきり。弟のドクさんは、自立して、働き、一方では、枯葉剤の影響を受けて生まれた子供達を励ましている。下半身を譲ってくれた、お兄さんの分まで生きようとしているように思える。このたび、結婚され...

左サイドMenu

プロフィール

Rakk

Author:Rakk
うちなぁんちゅ(沖縄人)の嫁になったらっくのぐうたら日記です。
東南アジア好きなウインドサーファーです。

メインページはこちら。

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。