らっくASIA

アジアがらっく(タイ語で愛する)な、らっくが感じたアジア。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

team SAKE報告会

3月11日、神戸のオフィスで、実験中に、突然めまいが!!!
、、、と思ったら、地震でした。

それから、東北のことが気になって仕方なく、何かしたいと思っていました。
5年前に水害ボランティアに参加したのをきっかけに、災害があるごとに、出番か!!! と思ってしまうようになってしまっていました。

ゴールデンウィークに、京都からボランティアバスがでると言うことで、応募したら、たった2日間の応募期間だったにもかかわらず、定員90人に対し、なんと、650人が応募。
で、はずれました

そんな中、ゴールデンウィーク中に、雑貨屋でteamSAKEという東北復興支援チームのビラを手にしました。
それによると、震災の後、道も整っていない中、取り残されている地域があるはずと、軽トラックと、自転車、徒歩で物資を届けに行ったという。
なんていう発想と行動力なんだろう! 
そして、1度きりではなく、何度も、訪れている。(道が整ってからは、車で)
産卵のために帰ってくるSAKE(鮭)のように。

とりあえず、一つ自分ができそうな支援があったので、離乳食をteamSAKEを通じて送らせていただきました。
一つ、支援できたら、自分の中では、納得して、満足するのでは???と思っていたのに、
大きな間違いでした。
物資到着のお電話をいただいてからは、急に会いもしていない相手の方を、ママ友のように、ものすごく近く感じ、日差しが強くなってくると、赤ちゃん用の帽子あるかな???日焼け止めあるかな???と、心配になる。
心が、東北につながってしまった感じ。

こんなに、心をつないでくれたteamSAKEにあってみたい。もっと、協力してみたい。っと思っていたときに、
ちょうど、teamSAKEの報告会があるというので、行って来ました。

あ、、、以下をクリックされない方は、こちらをクリック
きっと、あなたも、何かしたくなるかも


今日は、避難所の紹介(三陸を250kmに渡り、50箇所以上訪ねている)の中で、色々な集落の色々な小話で、より被災地を身近に感じることができました。ほんとに、どこも個性が強く、興味深かった。
そして、被災地からの強い復興の意志を伝え聞くことができました。

teamSAKEの特徴は、
1.小さな集落を訪れている。
2.一方的な支援ではなく、心のつながりを大切にし、対話することにより、一緒に、Support。

小さなteamなので小さな集落と言うこともあるけれど、実は、これがとても重要。
三陸の集落では、集落同士のつながりがない。
つまり、孤立しやすい。
さらに、小さいので、行政も、行き届かない。
復興を諦めることになったら(集落からはなれていってしまったら)、集落が解散してしまい、行政からのSupportがなくなり、消滅してしまう。
再び、復興はありえないという。
小さな集落こそ、Supportしたい。

そして、teamSAKEのやり方もとても尊敬。何度も行かないと、本当の気持ちや、要望が聞けない。腹を割って話せる関係を築いている。
”同じ目線で価値観を見てみる”、私の大好きなスタンスだ。(アジア旅行中なんかに)

集落から離れて、別の復興した集落でやって行くというのも、ありかも、、、と、私たち、都会に住む人は考えがち。
だけど、地域のつながりが強い地域では、その土地、その人がいないとできないことがいっぱいある。
異なる地域では、難しさがある。
そして、ご家族が行方不明になっている方は、その地を離れられない。



これからも、末永く、お手伝いさせていただきたいなと、思いました。
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.08/13 21:06分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Rakk

Author:Rakk
うちなぁんちゅ(沖縄人)の嫁になったらっくのぐうたら日記です。
東南アジア好きなウインドサーファーです。

メインページはこちら。

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。